このエントリーをはてなブックマークに追加

車を売った後のことも考える

車査定に愛車を出すときには交通手段をどうするか考えておかないといけません。公共交通網が発展している都会、私の場合は横浜が居住地なので車が無くとも生活できます。ただし、ひとりで移動できる方ならばです。

後は防犯の問題もあります。地下鉄の駅付近でしつこいナンパに3回逢いました。30メートルぐらい追いかけてくる等左足があまり動かない私には危険な行動をとられました。周囲に相談して、暫くひとりで外出しないことになったのです。こういうこともありますので治安のよくない場所では送迎やタクシーを使うなどして防備した方がいいこともあります。知人が暫く家の前まで送ってくれました。今はひとりで行動できます。護身のために筋力をつけ、髪留めなどいざという時に使えるものを持ち歩くようにしましたから。示現流という古武術では簪を護身に使います。怒鳴りつけてストーカーじみた事は止めさせました。お子さんがおいでの方は遅くなるときの送り迎えの手段としてカーシェアリングやレジャーにはレンタカーを使う等の方法があります。勿論新しい車を購入してもいいのです。

愛車を手放すときは

自動車を手放したい、その理由は、人によって違います。引越しして公共交通機関が多い場所に行くので車が不要になった、加齢で運転が危険になった、そして、家族構成が変わって大きな車が不要になったというような様々な事情があります。

新車を買うなら少しでも高い値段がつくようにしたいものですね。頭金があるかどうかで選べる自動車ローンの幅が大きく変わります。融資の希望額が高いと、相手も融資を躊躇することがあります。返済期間も頭金が多い方が短くなり、他のローンが組みやすくなります。自動車ローンがあると住宅ローン等を組むときに返済がきつくなります。

本当は新車購入をするために積み立てをしておくべきですが、中々そうはいかない台所事情があります。そういう時は車査定を綿密にとっておきましょう。新車を買わない場合にも、手許にお金を残しておきましょう。できるだけ車査定の値段が高い方が、貯蓄や他のローンの返済のためのお金ができます。

愛車を車査定に出すときには、色々な情報を見て、大体この程度の値段の範囲内の査定額ならいいということを決めておきましょう。あまり高望みしても時間と労力が無駄になります。日常の仕事や家事、人間関係を保つための交流等の合間に車をできるだけ綺麗にして、業者を選定するのは大変なことです。この日までに売るという目標を決めておくといいでしょう。あまりだらだらしていますとだんだんと面倒くさくなってしまうのが人の性です。

住宅ローン滞納と任意売却

住宅ローンを滞納する督促状が届きます。

督促状が来た段階で返済することができればよいのですが、さらに滞納していると、あっという間に競売にかけられます。

一般的には2,3カ月から半年程度滞納すると競売の手続きが開始されます。

担保不動産競売開始決定書が届き、相場よりも安く売却されてしまいます。

競売にかけられるよりは、任意売却の手続きをして自分で高く売った方が高く売れます。
また、リースバックという方法をとることによって現在の家にそのまま住み続けられる可能性もあります。

住宅ローンが払えない時の任意売却の手順と今の家に住み続けられるリースバックが可能かのスマホ診断ができます

ページの先頭へ